◎ココナッツ汁粉風わらび餅

Img_c9f68e7e327f18732eb4f5642aa2f1c3
タピオカのようにココナッツミルクを使って、汁粉風に仕立ててみました。
ひんやりプルンとした口当たりが何とも心地良い、暑い季節にもってこいの一品です。
電子レンジを使えばあっという間に、しかも簡単に作れます。
わらび餅をちぎるプロセスも、昔懐かしい粘土遊びみたいで何だかとっても楽しいですヨ。
小さなお子さんと一緒に作ってみてはいかが?
材料(6人分)
◦ わらびもち粉 50g
◦ 水 300cc
◦ グラニュー糖 160g
◦ 片栗粉(手粉用) 適宜
◦ ココナッツミルクパウダー 50g
◦ 熱湯 160cc
◦ 小豆粒あん 200g
◦ ココナッツファイン(あれば) 少々

準備
◦ ココナッツミルクパウダーを分量の熱湯で良く溶き、冷めたら冷蔵庫で冷やしておく。
◦ バットに片栗粉を敷いておく。

作り方
Img_ff60934f4c64111572afbf09fe6e264f
Img_d9fedb8a26d5daab220ed9d07131dfa3
Img_069fd82ecb77e084d8b9b251107af560
1. 耐熱ガラスのボウルにわらびもち粉を入れ、分量の水を少しずつ加えて手でつぶしながら溶かし、グラニュー糖を加えて良くかき混ぜる。
(point) そのまま放置しておくと一度溶かした粉が沈殿してきます。溶いたらすぐにレンジへ!






2. 電子レンジで1分半加熱し、取り出したら良くかき混ぜて、グラニュー糖を溶かす。







3. 更に電子レンジで約7分、途中3〜4回取り出しては良く混ぜながら加熱し、平均に火が通るようにする。
Img_0d77004fd0e43a23b3d5775bdb214388
Img_2f394698ff5e435f47e2c0d27db7a09c
Img_39bb30bdffee5ecd5b0cf0cbec9d02af
4.透明感が出てコシのある種になったら、片栗粉を敷いたバットの上にあけ、内側に粉が入らぬよう注意しながら二つ折りにして厚みを出す。








5. 4を手で直径2センチ程度に丸くちぎる。難しければ、スケッパー等で切り分けても。
(point) 生地はかなり熱いので、一呼吸置いて粗熱が取れてからちぎると良いでしょう。 但し、冷めるとプルンと丸くちぎりにくくなるので注意!



Img_139ab14ec13f3b8c0522f733663bed3a
Img_b61003df4bb5b5136ccefedc6991325d
6. 氷水の中に5を入れ、片栗粉をゆすぎ取り、水気を良く切る。








7. 器にわらび餅を7〜8個入れ、冷やしておいたココナッツミルク 大さじ2を注ぎ、上に小豆粒あん 大さじ1をのせる。
あれば仕上げにココナッツファインを少々かけて…。

◎ライチの水まんじゅう

Img_d0cb65a88dcd123f1c90b2f1c6922379
暑い季節は、つるんとのどごしの良い水菓子が恋しくなりますね。
そこで今回は「露草」という粉末の水まんじゅうの素を使って簡単に作れる、ライチの水まんじゅうをご紹介します。
あんの代わりにライチとクコの実を入れてみました。
うっすらと透けて見えるクコの実の赤が、目にも涼しげです。
材料(40ccの容器で10個分)
◦ 露草 50g (水まんじゅうの素)
◦ グラニュー糖 175g
◦ 水 400cc
◦ ライチ 10個
◦ クコの実 10粒

準備
◦ 皮をむいたライチの実に包丁目を入れて、種と固い部分を取り除いておく。
(※今回は缶詰のものを使いました。汁気を良く切ってから使います。)
◦ クコの実は洗ってサッと水に漬けて戻し、水気を良く切っておく。
◦ 予め鍋の重量をはかっておく。

作り方
Img_0b6b4dfa6e965c8d49df41eb44bd314c
Img_afab41aa422cfae129c8d9f3e34c20c5
Img_b0535c8d8b6b34c59f3830c5b4ce08db
1. ボウルに露草とグラニュー糖を入れ、良くかき混ぜておく。








2. 鍋に分量の水を入れ、水をかき回しながら1を加えて良く混ぜる。
(point) ホイッパーなどでかき回し続けながら、少しずつ加えていくとダマになりにくいです。








3. 鍋を火にかけ、鍋底から大きくヘラを動かしながら練っていく。約8分ほど練り続ける。
Img_63f2896374a68dec1d0d88f9d525f4f4
Img_789c78edc8c44d01c978a067e5b3e298
Img_5c9fd3e2971fe241357784f399754ef5
4. 一度火からおろして鍋ごと計量し、中身が約500gになるまで確認しながら更に練り上げる。
(point) 練り上がってから時間が経つと、種がどんどん固まってくるので、これ以降の作業は手早く!








5. 水で濡らしたスプーンで4の種をすくい、同じく水で濡らした容器(坊主型又はぐい呑み)の7分目まで入れる。






6. クコの実をのせたライチを真ん中に入れて(※クコの実の方を下に向ける。)、軽く押し込む。
Img_698f7200510ae3d2f8599f7bf1d1c3b2
Img_029bed00ecdc29f34ac4095b202cd54b
7. 押し込んだライチの上に更に種をのせ、表面をヘラで平らにする。







8. 容器ごと冷水に浸けて冷やし、固まったら竹串などを使って型から抜く。

◎卵ぼうろ

Img_b766bc20ede12e1b3bbee8a91b163563
今回は白あんをつかったレシピです。
簡単でどこか懐かしい味。
桃山のような黄身時雨のような、ころっとかわいらしい姿かたちに焼き上がります。
材料(15個分)
◦ 白あん 150g
◦ ゆで卵の黄身(固ゆで) 1個分
◦ 上白糖 30g
◦ 片栗粉 10g
◦ 山芋パウダー 4g
◦ 水 8g
◦ ※山芋を使う場合は、すりおろしを12g

準備
◦ ゆで卵の黄身は固ゆでにしておく。
◦ 山芋パウダーと水は良く混ぜ合わせておく。
◦ オーブンは210度に温めておく。
◦ 底が焦げやすいので、オーブンの天板の上にアルミホイルを敷いてからクッキングシートを敷いておく。

作り方
Img_3bffd8dada5a67db3944b3b610838373
Img_c19084b0a40cbcbc880c997f7c77e536
Img_4cb403ec750f3d84cac86d5413b65917
1. 耐熱ガラスのボウルに白あんを入れ、ペーパータオルで軽くあんを押さえるようにフタをしてレンジで加熱し、水分をとばしてヘラに付かない程度のやや固めのあんにする。(粉ふきいものような状態)




2. 熱のあるうちにゆで卵の黄身と1の白あんをフードプロセッサーにかけて良く混ぜ合わせる。上白糖を加えて更に廻し、良く混ぜる。





3. 山芋パウダーと水を混ぜ合わせておいたものと、片栗粉も順に加え、その都度均一になるまで廻す。
Img_419fb20261947cc2c3786183d5b1ee5a
Img_4f697dbb4b642d420cedf17d253261f0
Img_538301bbfcfbc91a8ab7a9f13a02846b
4. 生地をバットに広げ、冷蔵庫に入れて冷ます。(急ぐ場合は冷凍庫でも)






5. 冷ました後、15等分して手早く丸める。






6. 天板の上に丸めた生地を並べる。210℃に温めたオーブンで約20分焼く。